e水彩画 
 
りんごを描く
5.りんごを描く
 
いよいよ、実際にリンゴを描いてみましょう。りんご
形は丸いので易しいですが、色は少し難しいです。
単純に赤を塗ってもりんごらしく見えませんので、良く観察しましょう。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
★鉛筆で下書き 
リンゴをよく見ながら下書きをする鉛筆ツール
a.描画ツールから「鉛筆」を選ぶ
 
b.色、太さ、鉛筆の種類を選ぶパレット
 色:黒(違う色でもよい、例えば黄色など)
 太さ:細い
 濃さ:HB
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
c.形を描く
 ノビノビと、曲がってもOKりんご
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
★色を塗る
a.描画ツールから「筆」を選ぶ筆
 
 
 
 
 
 
 
b.色を選んで、パレット上で混ぜて、塗りたい色を作る着色
 この場合、既に置いた色に新しい色を直接、置くのではなく、近くに色を置いて、少しずつ色を取り込みながら色を作ると早く思った色になる

c.オプションウィンドウで「透明」モードを選択
 鉛筆の線を色で消さないモード
 線を色で消すモードもある。このモードだと下書きの線が色で消えてしまう

d.同じくオプションウィンドウで「かすれ」モードを選択
 筆の色のかすれが少ない「ながもち」モードと「かすれ」がある
 「かすれ」だと筆に含まれた色が直ぐにかすれるので、水彩風のタッチが出し易くなる
e.筆の太さを選ぶ。細いと面を同じ色で塗るのは大変なので太さを考える
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
f.着色
 筆の動きはモチーフによるが、あまり神経質にならず大胆に塗る。はみ出してもOK!りんご
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
g.水彩画の場合、繊細な雰囲気を出すため、水で薄めたりして、透明感を出すと良い
 筆洗いボタンをクリックし、パレット上の色を薄くすることができる
 
★仕上げ
a.メリハリをつけるパレット
 スポイトで同じ色を取り、暗い色をパレットで作成
 明るい部分、影の部分を強調する
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
スポイト 
 
b.背景効果をつける背景効果
 「画像」メニューー>「テクスチャー」で背景効果を選ぶTextureフォルダーには18種類の背景効果用にファイルが用意されている
 
 
 
 
 
 気にいった背景効果を選び、確認する背景効果画像
 絵を引き立たせるのに有効 
c.サイン、日付を入れる
 鉛筆、ペン、筆、自由に選んで書き、これで完成
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
★絵をハガキサイズで印刷
a.「ファイル」メニューを開き、「印刷」ー>「印刷」ウインドで「プリンタ設定」印刷

 
 
 
 
 
 
b.「ページ設定」タブの「出力用紙サイズ」を「ハガキ」印刷
  「印刷の種類」を「フィットページ印刷」  
 
c.「印刷」ウィンドウで「印刷レイアウト」でレイアウトを確認
d.「印刷」ウィンドウで「OK」 ボタンをクリック
 
 
 
 
 
 
 
★絵を保存
 
作品をハードディスクに保存保存 
a.「ファイル」メニューを開き、「名前を付けて保存」
b.「保存する場所」でフォルダを指定
c.「ファイル名」でファイル名を入力
d.「ファイルの種類」で「水彩ファイル」
 ワード文書ファイルなどに貼りたい場合、JPGファイルを指定
e.「保存」をクリック
 
今回はここまで! 次章 ではデジカメ写真を下書きに利用して絵を描く手順を説明します